<< 過去世の記憶・・・復活〜ヽ(^◇^*)/ | main | 龍の星 >>

能力のお部屋 ホイ♪( *^-゜)/⌒☆゛

「インフィニティ〜DNA」の1st・2ndセッションをお受けになると、
魂のお部屋へ行くことができます♪

魂のお部屋は、種類がたくさんたくさんあるんですよ!

その中に自分が過去世から培ってきた様々な能力がしまってあるお部屋がありま〜す♪

過去世で覚えた様々な内容が、み〜んなしまってあるんですよ。

スピリチュアルな能力だけではなく、生活に密着した能力やお仕事で使えそうな能力など、ほんとにいろいろあります〜!

過去世で自分で封印していた能力もそこのお部屋にあるのです。
今までだったら、そこに例え行けても中は見れなかったはずです。
でもこの「インフィニティ〜DNA 1stステップ&2ndステップ」を受けると見れるようになるのです〜 ヽ(^◇^*)/

何故かって?

それはこう言う事です。

1stステップで、魂の傷となるアカシックレコードが消去される。

これは、例えば過去世で魔女狩りに遭ってるヒーラーさんなどは、サイキックに開くことを魂が拒否をするケースが多いです。
何故って、サイキックだった故に怖い思いをして、その結果魂に傷ができてしまったからなのです。

だから私の封印解除セッションには事前のヒーリングを受けていただいて、魂レベルで手放しをしやすいようにして封印解除をさせていただくのです。

このサイキックに開くことを怖がる元が、アカシックレコードに記録された過去世の記録です。
これが消えることで、現在の自分は怖がることなく自分でその能力を開いていくことができるようになるようです。

2ndステップで、傷ついた過去世の自分と向き合うことで、自分で傷ついた自分を癒せる

辛い過去世が多いほど、傷ついた魂が様々な問題を引き寄せますから今世もやっぱり苦労の人生〜 (。>0<。)ビェェン  私もそうだった〜。

そうなんです! 
傷ついた魂が「働いたって楽にならない・・・」
なんて思ってたら、今ある現実はすべて魂が引き寄せる世界ですから、
働いても楽にならないのです〜。

でも大丈夫!
そう思って傷ついてる自分を癒してあげれば、光に帰ってくれるから、
その後の自分の人生が変わってくるんです♪


生活にスピリチュアルを生かす〜♪

って、なんじゃこりゃ? みたいな話ですが、

そうなんです♪
もっと自分の能力を蘇らせて、日々の生活に生かすセッションがこれからお知らせする
「インフィニティ〜DNA 3rdステップ」になる予定です

って言うのは、ほ〜んとにみなさんいろいろな能力や叡智を持って、
この3次元に生まれてきてるんですが、実は高次元に開いてないのでほとんどが使えなかったり、使えても良くわからなかったり〜。

と〜ってももったいないので、この「インフィニティ〜DNA 3rdステップ」では、その能力をどんどん日々の生活に生かせるようにする為のセッションになる予定で〜す♪

じゃあどんな?

それはですね〜!
ご自分が見つけた能力や叡智をエネルギーに変えて出せるようにするワークをさせていただく予定です〜♪

「インフィニティ〜DNA 3rdステップ」を受けられると、ご自分が使っていた能力を自分で引き出せる〜♪

ってことです。

が〜

過去にご自分で扱っていたエネルギーだったりしますので、ご自分やご家族に使うのならそのままで大丈夫ですが、
これをヒーリングとして、またはセッションとしてお使いになる場合は、調整が必要と思われます。

と言うのは、いろいろな叡智や能力はいろいろな次元に居た頃のものと思われますので、ご自分ではなじみがあって「これいいな〜こんなのに効果がある〜」って思われても、3次元の肉体に変化をもたらさなければ意味がありませんので、エネルギー解析をきちんとして次元調整や足りないものを補ったりして(錬金術で)開発を受けることをお勧めします〜♪

今上と最終的にどうするか相談中ですので、もう少々お待ちくださいね

いろんなエネルギーが扱えるようになると、生活が変わりますよ

ちなみに我が家の主人も妹の家族もみ〜んな、ちょっとぐらいの体の不調はエネルギーで乗り越えちゃいます

ほんとに、病院にもかかりませんしね〜。
高次元エネルギーを生活に取り入れられるようになったら、いろんな活用ができて、楽しいですよ〜

う〜ん、でもこのセッション受けたら、私の封印解除も能力開発もいらないわ〜なんて言われたら困るかも〜〜〜〜(×_×)

あっ でも他人からかけられた封印解除は自分では解けませんからね〜

まっ、それはおいて置いて〜!

みんなで魔女になりましょう〜〜〜〜〜♪ v(*'-^*)b♪

な〜んてね
popokana * インフィニティ〜DNAに関するブログです♪ * 23:04 * comments(0) * - * - -

コメント

コメントする









このページの先頭へ